通信障害の対策にぴったり!デュアルSIMのメリット

先日、KDDIで大規模な通信障害が起こりました。
多くの人が電話やネットが繋がらず不便な思いをしたことで、これらに備えるためデュアルSIMの利用が注目を集めました。

そこで今回は、「デュアルSIM」について調べたことをまとめていきます。

そもそもSIMとは?

SIMは「Subscriber Identity Module」の略で、日本語で「加入者識別モジュール」という意味です。
回線契約時に発行され、通信するのに必要な加入者の情報や電話番号が記録されています。

一般的には物理的に抜き差しできるSIMカードとしてスマホに挿入されていますが、最近はeSIMとして予め搭載されるようになってきました。

eSIMとは

eSIMは「embedded SIM」の略で、スマホに予め内蔵されたSIMのことです。
回線契約時にデータをダウンロードし、後から情報を書き込むことでSIMの機能を果たします。

SIMカードと比較してeSIMは、SIMカードが手元に届くのを待つことなくすぐに利用を開始できるので便利です。

例えばiPhoneやGoogle Pixelでは、2018年発売のiPhoneXシリーズ, Pixel 3a以降のスマホにはeSIMが搭載されているため、多くの人が利用できるでしょう。

デュアルSIMってなに?

デュアルSIMとは1台のスマホでSIMを2つ使うことです。
デュアルSIMにすることで、1つのスマホで2つの携帯電話番号やインターネット回線が利用できるようになります。
eSIMが多くのスマホで搭載されるようになりデュアルSIMがより手軽に利用できるようになってきました。

– デュアルSIM –

・有事の際の予備回線として使える
・月額料金が抑えられる
・仕事とプライベートなど使い分けができる

デュアルSIMのパターン

SIM2つの組み合わせ方には、SIMカードを2枚挿入するパターン・SIMカード1枚とeSIMを併用するパターン・2回線ともeSIMを利用するパターンがあります。

SIMカードを2枚挿入するパターン

SIMカードを2枚挿入するには、SIMスロットを2つ持ったスマホを用意する必要があります。
しかしそのような機種は国内ではあまり出回っておらず、基本的に海外の端末を選ぶことになります。

SIMカード1枚とeSIMを併用するパターン

eSIMが登場したことで、多くのスマホでSIMカードとeSIMを組み合わせたデュアルSIMが使いやすくなりました。

2回線ともeSIMを利用するパターン

eSIMで2回線同時利用できるものも出てきています。
2021年に発売されたiPhone13にはeSIMが2つ搭載されているため、eSIM2回線のデュアルSIMを利用することも出来ます。

また現在のeSIMでは複数の回線を登録することはできるものの、同時に利用できるものは1回線までです。
しかしGoogleはAndoroid13において、1つのeSIMで複数回線同時に繋げることができる機能を実装できるよう開発を進めています。

デュアルSIMの待ち受け方式

一口にデュアルSIMにすると言っても、手動で切り替えないと通信が行えないものから、片方の回線で通話しながらもう一方の回線でインターネット通信を行えるものまで、4段階の待ち受けのレベルがあります。
ただし、回線の契約や端末によって可能な待ち受け方式は限定されています。

DSSS(デュアルSIMシングルスタンバイ)

どちらか片方のSIMのみ有効にできます。
有効な方でのみ電話やインターネット通信が利用可能で、切り替えは手動で行うことが必要です。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)

SIMを手動で切り替えることなく両方の回線が利用できます。
片方のSIMで通信を行っているときにもう一方のSIMで着信を受けることができますが、通話を行っている際はもう一方のSIMで通信を行うことは出来ません。

また、サブのSIMは3G回線になります。
5G回線サービスが出てきたことで大手キャリアが順次3Gサービスの提供を終了していっているため、DSDSが行えない通信会社が増えてきたので注意が必要です。

DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)

DSDSと同様、SIMを手動で切り替えることなく両方の回線が利用できます。
片方のSIMで通信を行っているときにもう一方のSIMで着信を受けることができますが、通話を行っている際はもう一方のSIMで通信を行うことは出来ません。

DSDVの特徴としては、サブのSIMが3Gになる制限が無くなり、どちらのSIMでも4G/5Gの回線を利用できます。

DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)

DSDVと同様、SIMを手動で切り替えることなく両方の回線が利用できます。
サブのSIMが3Gになる制限が無く、どちらのSIMでも4G/5Gの回線を利用できます。

DSDVと違ってDSDAは、片方で通話を行っている際はもう一方のSIMでインターネット通信を行うことが出来ます。

同時待ち受け SIMの切り替え 通信制限 片方で通話中に、もう一方で
DSSS × 手動 どちらか一方のSIMでのみ通信可能 もう一方は圏外
DSDS 自動 片方のSIMは3G通信 着信は確認できるがインターネット通信は不可
DSDV 自動 制限なし 着信は確認できるがインターネット通信は不可
DSDA 自動 制限なし 着信も確認できるしインターネット通信は可能

デュアルSIMのいいところ

多くのスマホでeSIMが搭載されるようになり、デュアルSIMが気楽に利用できるようになってきました。
デュアルSIMには様々なメリットがありますので、この機会に利用を検討してみてもいいかもしれません。

有事の際の予備回線になる

2022年7月にKDDIの通信障害が起こり、80時間以上au系列の通信が利用しにくい状況が続きました。
また2021年10月にもNTTドコモで通信障害が起こっており、こちらも回復まで約30時間もかかる大規模なもので大きな影響が出ました。
立て続けに障害が起こっており、大手キャリアだとしても通信障害は無縁とはいえません。

さらに、アイコム総研が行ったアンケートによると、過去に通信障害を受けたことがある人は全体の3/4を占めています。
今後の通信障害に備えて、予めデュアルSIMで対策を取っておくのが望ましいかもしれません。
(参考:https://jep.jp/communication-failure-au/)

有事の際の予備回線としてデュアルSIMを利用する場合、もし同じキャリアの回線を利用していたら障害時どちらも繋がらなくなってしまいます。
例えばドコモとSoftbankなど、回線が異なるキャリアの組み合わせになっている必要があります。

代表的な通信サービスの使用回線キャリアは下記です。

使用回線キャリア 代表的な通信サービス
ドコモ ドコモ(Ahamo含む), TONE, OCNモバイルONE, mineo, IIJmio, LIMBO, BIGLOBEモバイル
KDDI au、Povo, UQmobile, mineo, IIJmio, BIGLOBEモバイル
Softbank Softbank、LINEMO, Y!mobile, mineo

※複数の回線を提供している格安SIMの場合は、契約時にどのキャリアの回線を利用するか選ぶことができるものです。

使用頻度が低い予備用のSIMなので、多くの人は快適さよりも料金の安価さを重視することになると思います。
「povo」は基本料金0円のプランなので、予備回線として利用するにはうってつけです。
ただし、完全に無料というわけではなく、180日間に一度は何かしらの有料トッピングの購入が必要となっています。

– povo2.0 –

・基本料金0円
・1日データ使い放題330円、30日間3GBで990円など多様な料金プラン
・auのオンライン専用プランなので、通信にはキャリアの回線が使えて安心
・180日に一度有料トッピングを購入することで契約を続けることが可能

月額料金が抑えられる

デュアルSIMは回線を2つ契約出来るので、電話用の回線とインターネット用の回線に分けてサービスを選ぶことでトータルの利用料金を抑えることができます。

よく通話をする人は制限なしかけ放題プランを付けている人が多いと思いますが、かけ放題プランはキャリアでは2,000円弱、格安SIMでも1,400~2,000円ほどかかってしまいます。
そこで主に電話に使う回線としてオススメなのが、無料で通話かけ放題となる「楽天モバイル」です。
楽天モバイルと、自分のデータ使用量にあった格安SIMとを組み合わせて契約することで月額料金を抑えることが出来ます。

– 楽天モバイル –

・使ったギガに応じて月額料金が変化する
 3GBまで:1,078円 20GBまで:2,178円 データ無制限:3,278円
・追加プランに加入することなくRakuten Linkというアプリから国内通話かけ放題
・電話番号は現在のものをそのまま利用できる
・固定電話にも他社のスマホにも電話をかけることが出来る
・電話相手がアプリを入れていなくても大丈夫

データ使用料を3GBにおさめることで1,078円で国内通話かけ放題にでき、キャリアの2,000円弱と比べ月額の利用料金が安くなります。

また、時々データ使用量が超過してしまう人は、「povo」も契約しておくことでお得にギガを追加できます。
一般的にキャリアの追加購入は割高で1GB 1,100円もかかってしまいます。
Povoには1週間1GB 390円のプランがあるので、ギガが足りなくなってしまった場合はpovoで追加購入するのがおすすめです。

使い分けができる

デュアルSIMにすることで電話番号が2つ持て使い分けが出来るようになります。

例えば仕事とプライベートで回線を分けると、仕事上の連絡で使った料金が分かりやすくなり経費が計上しやすいです。
電話番号が2つあるとLINEやfacebookのアカウントも分けることが出来ます。

スマホを2台持つことで使い分けようとすると、端末代が2倍かかってしまったり、紛失の危険性が高くなってしまったりするため、デュアルSIMで使い分けるのがオススメです。

まとめ

KDDIの通信障害を受けてデュアルSIMが注目されています。
以前はデュアルSIMにするのにSIMカードが2枚必要でしたが、eSIMが出来るようになり気楽にデュアルSIMが取り入れられるようになりました。
大手キャリアでも立て続けに通信障害が起こっているので、この機会に一度検討してみてはいかがでしょうか。

はつみみこ

はつみみこ

みなさんこんにちは、はつみみこです。 この春からIT系の会社で働き始めました、社会人1年目です。 スマホ周りのことや、ガジェット機器全般について幅広く知識を身に着けていきたいと思っています。 学んだことをブログにまとめて定期的に更新していくので、良かったら見に来ていただけると嬉しいです。 英語の勉強もしたいので、Engadgetの記事からもテーマ探しをしていきます。 みなさんのためになるようなホットな話題や豆知識を書いていけたらと思っています。 これからどうぞよろしくお願いします♪

はつみみこ

はつみみこ

みなさんこんにちは!この春からIT系の会社で働き始めた社会人1年目のお勉強ブログです。スマホ周りのことや、ガジェット機器全般について、Endgagetの記事やニュースサイトで日々学んだことをまとめていきます。ちょこちょこ見に来てくださるととっても嬉しいです♪

最近の記事

  1. AppleCare+は入るべき?サービスや料金を紹介し類似サービスとの比較も実施

  2. ウィキペディアが誤った内容がないか確認するツールを開発!ファクトチェックとは?

  3. 通信障害の対策にぴったり!デュアルSIMのメリット

アーカイブ
TOP